• 敬老の日の由来について

    敬老の日は、国民の祝日に関する法律第2条によると、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として制定されました。敬老の日の発祥は、昭和22年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で、お年寄りを大切にして知恵を生かした村作りをすることで「としよりの日」をつくりました。

    敬老の日について知りたいならこのサイトです。

    これが兵庫県全体から全国に広まり、名称も変化して「老人の日」から昭和41年から国民の祝日「敬老の日」になりました。


    9月15日が「敬老の日」である理由は、気候が良く農閑期であったことや、聖徳太子が大阪の四天王寺を建立した際、敬田院・悲田院・施薬院・療病院を設置したのですが、その中の「悲田院」という現在でいう老人ホームができた日であること、717年に元正天皇が養老の滝(岐阜県にある万病を癒す薬)に御幸した日という故事にちなんだこと、などが挙げられます。

    いずれにしても、お年寄りを敬う気持ちでお祝いをします。



    その後は2003年からはハッピーマンデー制度が適用されているので、9月の第3月曜日になっています。ちなみに老人福祉法では65歳以上を老人としていますが、年齢についての考え方や感じ方はそれぞれに違うので、相手の気持ちをくんでお祝いする方がベターです。
    最近の60代は若い人が多いので、定年退職をむかえたときや孫ができたタイミング・70歳や80歳などの節目などを考慮してお祝いすると良いでしょう。
    子どもからより孫から祝ってもらう方がすんなり受け入れられることも多いです。



  • 敬老の日のサポート情報

    • 敬老の日は9月にある祝日であり、高齢者に感謝を伝えるための日となっています。いつからお祝いするのかは人によって異なりますが、60歳の節目から祝うというケースが一般的です。...

  • 敬老の日の話

    • 両親や祖父母へ敬老の日の贈り物をしたいと考えている方もいるでしょう。そのような方にとって気になる点の1つが、どのようなギフトを選べばいいのかという点です。...

  • 知りたい敬老の日事情

    • 敬老の日のプレゼントで喜ばれるのは、お花やスイーツなどのギフトだと思っていませんか?確かに花やスイーツも喜ばれますが、受け取る側はギフトよりも一緒に過ごす時間を求めている場合もあります。特に離れて暮らす親子や孫の場合には、めったに会えないため寂しい思いをしているかもしれません。...

  • ためになる敬老の日

    • 敬老の日は9月にある祝日の一つですが、誰に何をする日なのかよく分からないという人もいるかもしれません。また、普段あまり祝日を意識していないという人の場合、知らないうちに過ぎてしまうといったことも考えられます。...