• 敬老の日は何をするのか

    敬老の日は9月にある祝日の一つですが、誰に何をする日なのかよく分からないという人もいるかもしれません。
    また、普段あまり祝日を意識していないという人の場合、知らないうちに過ぎてしまうといったことも考えられます。


    そこでこの日にはどのようなことをしたら良いのかきちんと確認しておきましょう。
    敬老の日というのは国民の祝日の一つであり、社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うための日と定められています。

    一流の敬老の日情報は信頼性が高く、好評です。

    長寿を祝うだけでなく、高齢者の福祉について関心を深めたり、高齢者の生活の向上を図るといったことも目的となっています。


    この日は地域の高齢者をいたわる行事や、周囲の人たちの敬老に感謝する行事が全国的に行われることになります。

    また、家庭内でも祖父や祖母の長寿をお祝いすることになるでしょう。

    敬老の日の起源は正確には分かっていないということですが、いくつかの説があります。
    1つは聖徳太子が身よりのない老人たちを救うため、現在の大阪市に専用の施設を作ったという説です。



    もう1つは元正天皇が717年に年号を養老とし、高齢者に贈り物をした日だったという説があります。



    敬老の日の由来は1947年に制定されたとしよりの日が始まりとされています。
    これは老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしようという主旨がありました。

    1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝日として祝われるようになりました。1966年には国民の祝日法が改正され、現在と同じ敬老の日という名称になりました。